研修内容

夜間巡視の基本

目  標
  1. 夜勤帯で受け持つ患者の状態を把握することができる
  2. 夜勤帯で受け持つ患者の状況を予測し、患者やベッドサイドの環境を観察、整備することができる
  3. (休憩前)リーダーへの状態報告ができる
日  時 平成30年8月23日 (木)
場  所 クリニカル シミュレーションセンター
内  容  夜勤帯で患者を受け持つ際、記録や申し送りからどのような情報を得るのか、ベッドサイドでどのように患者やその環境を視るのか、日中と異なる夜間の環境、患者の身体的・精神的な特徴を踏まえた看護について学ぶ研修となった。シミュレーター(人形)ではなく、実際のモデルさんが患者役を担い、実際の夜勤に近い環境でのシミュレーションだったため、緊張感や参加者の対応に応じた反応があり、イメージを持って臨むことが出来ていた。

教育制度
看護師募集要項