研修内容

呼吸フィジカルイグザミネーション 〜咳嗽・喀痰のある肺炎の患者〜

目  的
  1. 呼吸アセスメントに必要な知識を再確認する
  2. アセスメントから必要な看護ケアを検討する
目  標
  1. 呼吸のメカニズムがわかる
  2. 呼吸の種類とその意味がわかる
  3. 呼吸音を聴診できる
  4. 呼吸のアセスメントと必要な看護ケアを考え実施できる
日  時 平成30年7月31日 (火) 13:30〜16:30
場  所 クリニカル シミュレーションセンター
内  容
評  価
 当日はPTから肺の解剖生理と呼吸のアセスメントの思考過程について講義を受けた。学んだ知識を基に、誤嚥性肺炎で入院中の患者について、病態の理解とケアの検討をグループで行なった。疾患の学習が難しく悩みながらの進行であったが、病態を理解したうえで、看護ケアを提供することの大切さを学ぶことができていた。

教育制度
看護師募集要項