新人看護師の声

2病棟

新人看護師声

2病棟
 當麻  光太郎
 (駒沢看護専門学校 卒業)

今はプリセプターや先輩看護師の業務に付いていきながら仕事の流れを覚え、バイタルサインや生活援助技術などに入らせていただいています。循環器について専門的に学べる職場ですので、循環器についての高い知識やそれを活かした看護を展開できるようこれから頑張っていきたいと思います。



プリセプター 村上 梨艶

私が不在の時でも、當摩さんがチームメンバーからしっかりフォローが受けられる様に、進捗状況の発信など、架け橋になれるようにしています。また、話をする機会をたくさん作って困っていることはないか等聞くように心掛けています。

ページの先頭へ戻る


新人看護師声

2病棟
 枡澤 遥海
 (天使大学 卒業)

私自身に合った方法で丁寧に仕事を教えてくださる先輩方のおかげで不安なく仕事をすることが出来ています。心臓手術の前後の患者さんの不安や身体的な症状に対して自分が何を出来るか考えながら日々看護をしていきたいと思っています。



プリセプター 柴田 和幸

枡澤さんとは、日々の受け持ち患者さんの情報収集を行いながら、保清やバイタルサインの測定などを一緒に行っています。少しずつ日々の仕事や患者さんとの関わりになれていっています。色々な自己学習を行っており、日々の関わりは私の勉強にもなっています。

ページの先頭へ戻る

3病棟

新人看護師声

3病棟
 粟野 光希
 (北海道ハイテクノロジー専門学校 卒業)

私は北光記念病院の地域包括ケア病棟で働いています。今は覚えることや初めての事が沢山あり、大変でもありますが、プリセプターさんからアドバイスやサポートを受けながら患者さんに安楽な援助を提供できるように日々努力しています。



プリセプター 鳥本 早紀

学習面では、バイタルサイン測定時などに、血圧がなぜ上がるか、脈が早い時にはどういうことが考えられるかなど、一緒に考えながら学びを深めています。
 技術面では手順を確認しながら、見学をした後、実践しています。病棟の環境にも慣れてきて、出来ることを少しずつ増やしています。

ページの先頭へ戻る

新人看護師声

3病棟
 後藤 彩奈
 (北海道科学大学 卒業)

新人看護師の研修を行い、プリセプターさん、先輩達からアドバイスを受けながら日々の生活を送っています。今は、チェックリストに基づいて看護技術を習得し、自立できるように生活援助を実施しています。また、循環器や心電図の見方などを自己学習し、患者さんに必要な看護は何か考えながら過ごしています。



プリセプター 佐林 七海

3病棟は地域包括ケア病棟ですが、循環器治療を行う患者さんもいらっしゃいます。現在、患者さんの情報収集を行い、注意するべき所やポイントを確認し、バイタルサイン測定を行っています。看護技術は、マニュアルを確認し、根拠をふまえて見学し実施しています。
 今後も、後藤さんと話し合いながら、できることを増やしていく予定です。

ページの先頭へ戻る

4病棟

新人看護師声

4病棟
 木下 滉介
 (北海道医薬専門学校 卒業)

現在は、プリセプターの方とともにラウンドをして、検温、保清を中心に丁寧な指導を受けながら過ごしています。また、法人のもつシミュレーションセンターでシミュレーション教育を受け看護を実践していくために日々学び続けています。



プリセプター 田澤 結香

北光記念病院は循環器疾患の治療や看護を専門に学ぶことができます。プリセプターとして、木下さんと共に行動しながら、少しずつ病院の仕組みや患者さんに必要な看護は何かを一緒に考えていきたいです。また、木下さんに看護技術教えることで、私自身も学ぶ機会になっています。

ページの先頭へ戻る

新人看護師声

4病棟
 石川 舞
 (天使大学 卒業)

私は、家族が循環器疾患と診断を受けたことから循環器に興味を持ちました。そこで北光記念病院のインターンシップへ参加し、シミュレーションセンター等の教育制度が充実していることや人間関係の良さに惹かれ就職を決めました。今は未熟ですが、プリセプターや先輩方の指導を受けながら日々勤務しています。これからもたくさんのことを吸収し、患者様に寄り添ったケアが提供できるよう努力していきます。



プリセプター 嘉代 真弓

北光記念病院は循環器に特化した病院で、不整脈や狭心症・心筋梗塞の患者がいます。4病棟は急性期病棟です。プリセプターとして、現在は石川さんと一緒に、疾患の治療や看護について学び、清拭や洗髪、陰部洗浄などの看護技術を獲得できるようにチェックリストに沿って、看護実践しています。

ページの先頭へ戻る

OCI

新人看護師声

OCIセンター
 今野 恭兵
 (駒沢看護専門学校 卒業)

ICUで働き、3カ月経ちました。最初は右も左も分からない状況で不安でしたが、先輩方に教えていただき、仕事の流れが分かるようになってきており、充実した日々を過ごしています。 最近では注射を使う研修があり、改めて「患者様の体に針を刺す」ということの責任や、看護師になったという実感が湧いてきました。今後は1日でも早く一人前の看護師になれるように頑張っていきたいと思います。



プリセプター 菊地 永玲

OCIという部署は、ICU・カテーテル室・OPE室・救急外来といった4部署のセクションから成り立っています。生命に関わるような患者様の対応や緊急で治療を要する患者様の対応といった超急性期にあたります。その中でも、今野さんは、職場の環境に慣れること、新人さん用のチェックリストに沿った看護技術の習得に励んでいる所です。今野さんと一緒に、自分自身も日々勉強して成長していけたらと思います。

ページの先頭へ戻る


新人看護師の声

新人看護師声

OCIセンター
 山崎 杏奈
 (江差高等看護学院 卒業)

循環器専門病院のICUに配属となりました。まだまだわからないことも多くありますが、プリセプターの方や先輩方が丁寧に指導してくださり、今は技術獲得に向けて様々な経験をさせていただいています。しっかりと学習を行い、少しずつでも成長していけるよう日々努力していきたいと思います。



プリセプター 松田 良美

今は山崎さんと清拭や患者様のベッド周囲の環境整備などを技術獲得ができるように取り組んでいます。日々不安や悩みもありますが、チームや先輩看護師のフォローをうけながら、一緒に成長できたら良いと思います。

ページの先頭へ戻る



看護師の声
平成29年度看護師募集要項